歩行者の交通ルール

路側帯

路側帯とは、歩行者の通行のために、歩道が設けられていない道路(又は歩道が設けられていない側)に、白線(路側帯の道路標示)で区画された道路の部分のことをいいます。



路側帯の例

路側帯の種類

路側帯は、大きく分けて次の3種類に分けられ、白線の引き方で区別されます。

  • (単なる)路側帯
  • 駐停車禁止路側帯
  • 歩行者用路側帯

(単なる)路側帯

1本の実線で表示されます。


単なる路側帯は、一定の制限のもと、車両が駐停車することができます。
また、自転車などの軽車両は、一定の制限のもとで単なる路側帯を通行することができます(自動車など軽車両以外の車両は通行することができません)。

駐停車禁止路側帯

点線と実線で表示されます。


駐停車禁止路側帯では、車両の駐停車が禁止されています。
自転車などの軽車両は、一定の制限のもとで駐停車禁止路側帯を通行することができます(自動車など軽車両以外の車両は通行することができません)。

歩行者用路側帯

2本の実線で表示されます。


歩行者用路側帯では、車両の駐停車が禁止されており、また自転車などの軽車両の通行も禁止されております。

歩道と車道の間の白線は路側帯ではない

路側帯は、歩道のない道路(又は道路の歩道がない側)に設けられるものです。
そのため、歩道と車道の外側の白線(車道外側線)との間の部分は、路側帯ではありません。


「みなし路側帯」について

歩道のない道路(又は道路の歩道がない側)に、車道外側線として引かれた白線は、路側帯とみなすこととされております(いわゆる「みなし路側帯」)。

みなし路側帯の中には、歩行者の通行に十分な幅(目安:1m以上)が確保されていないものも多く存在します。

歩行者は、歩道や路側帯が設けられている道路では、それらを通行する義務が生じますが、十分な幅のない路側帯には、歩行者の通行義務は生じません。
また、そのような路側帯のことを特に(狭義の)みなし路側帯と呼びます。