歩行者の交通ルール

歩行者の通行場所

歩行者は、道路に歩道や路側帯が設置されている場合には、その歩道・路側帯を通行します。

道路に、歩道も路側帯も設置されていない場合には、道路の右側端に近寄った部分(目安:道路の右側端から1m以内)を通行します。

道路の両側に歩道・路側帯がある場合

道路の両側に歩道・路側帯がある場合には、その歩道・路側帯を通行します。
左右どちらの歩道・路側帯を通行しても構いません。

道路の両側に歩道がある場合


左右どちらの歩道を通っても良い

道路の両側に路側帯がある場合


左右どちらの路側帯を通っても良い

片方が歩道、片方が路側帯の場合

道路の片方に歩道、もう片方に路側帯が設けられている場合は、歩道、路側帯のどちらを通っても構いません。


歩道・路側帯のどちらを通っても良い

道路の片方に歩道・路側帯がある場合

道路の片方に歩道・路側帯がある場合には、歩道・路側帯のある側を通行します。
歩道・路側帯のない側は、基本的に通ることができません。


歩道・路側帯のある側を通行

歩道も路側帯もない場合

道路に、歩道も路側帯もない場合には、基本的に、道路の右側端に近寄った部分(目安:道路の右側端から1m以内)を通行します。


道路の右側端に近寄った部分を通行

なお、右側端に近寄った位置であればそれで良く、道路の右端ぎりぎりまで寄る必要はありません。

「みなし路側帯」がある場合

道路に路側帯がある場合でも、それが歩行者の通行に十分な幅(目安:1m以上)が確保されていない、いわゆる「(狭義の)みなし路側帯」である場合には、歩行者の通行に関し効力はありません。


(狭義の)みなし路側帯の例

この場合、次のとおり、みなし路側帯が存在しないものとして道路を通行します。

反対側に歩道や路側帯がある場合

みなし路側帯の反対側に、歩道や、歩行者の通行に十分な幅の路側帯がある場合には、歩道・路側帯の方を通行します。

歩道も路側帯もない場合

道路に、みなし路側帯しか存在せず、歩道も、歩行者の通行に十分な幅の路側帯もない場合には、基本的に、みなし路側帯の線(車道外側線)は無視して、道路の右側端に近寄った部分(目安:道路の右側端から1m以内)を通行します。


道路の右側端に近寄った部分を通行
(みなし路側帯の線は無視)

なお、この場合も前記と同様、右側端に近寄った位置であればそれで良く、道路の右端ぎりぎりまで寄る必要はありません。