歩行者の交通ルール

自転車マークのある歩道の通行

歩道に、自転車マークが看板やペイントにより表示されている場合があります。

この場合の自転車の表示は、次のいずれかになります。

  • 普通自転車通行指定部分(「普通自転車の歩道通行部分」ともいいます)の法定表示
  • 法定外表示(いわゆるニセモノ)

自転車マークの表示が、普通自転車通行指定部分の法定表示の場合、歩行者には、歩行者には、できるだけその部分を避けて通行するようにする努力義務が生じます。

一方、法定外表示である場合には、何ら効力がないため、歩行者は、自転車マークの表示に関わらず、歩道内の任意の場所を通行して何ら問題ありません。

普通自転車通行指定部分の法定様式である場合

自転車マークが普通自転車通行指定部分の法定表示の場合、歩行者には、前述のとおり、できるだけその部分を避けて通行するようにする努力義務が生じます。
(努力義務であるため、完全に通行が禁止されるわけではありません。)

普通自転車通行指定部分の法定様式


普通自転車通行指定部分の法定様式と、その実例

法定外表示(ニセモノ)である場合

自転車マークが法定外表示(ニセモノ)の場合、前述のとおり、何ら効力がないため、歩行者は、自転車マークの表示に関わらず、歩道内の任意の場所を通行して何ら問題ありません。


法定外表示(ニセモノ)の場合、効力はない。
(どの部分を通行しても構わない。)

法定外表示(ニセモノ)の例

法定外のペイントの例

法定外の看板の例