歩行者の交通ルール

車両と歩行者の関係

横断歩道における車両と歩行者の関係

車両は、横断歩道の手前では、横断歩道を渡ろうとする歩行者が「いないことが明らかな場合」を除き、徐行(停止線で停止できる速度への減速を)しなければなりません。
また、横断しようとしている歩行者や、横断中の歩行者がいる場合、停止線で停止し、その横断を妨害してはなりません。
横断歩道を渡る歩行者は、車両に対し、絶対的な優先権を有していることとなります。
なお、歩行者が横断歩道を渡る場合、歩行者には、車両の直前・直後を横断してはならないという規定は適用されません。


横断歩道では歩行者が絶対的に優先
法律上、車両の直前・直後の横断も可

信号のない交差点における車両と歩行者の関係

車両は、信号がない*1交差点では、横断歩道がない場合であっても、交差点を横断している歩行者がいるときは、歩行者の横断を優先させなければなりません。


交差点では横断している歩行者が優先

信号がない交差点*1:信号機は設置されているが歩行者の横断場所は信号機による交通整理の対象となっていない場合を含みます。

歩道・路側帯を横断する車両と歩行者との関係

車両は、道路外から車道に入る場合や、車道から道路外に出る場合など、歩道や路側帯を横断することとなる場合には、歩道・路側帯の直前で一時停止しかつ歩行者の通行を妨げない義務が生じます。

歩道や路側帯を通行する歩行者は、そこを横断する車両に対し、絶対的な優先権を有していることとなります。


歩道・路側帯では、歩行者が絶対的に優先

歩行者の横を通過する車両の義務

車両は、歩行者の横を通過する場合には、歩行者と十分な側方間隔(目安:少なくとも1.5〜2m)を確保するか、又は徐行をしなければなりません。


歩行者の横では、徐行または間隔の確保

その他の、車両の歩行者に対する義務

歩道・路側帯への駐停車禁止

車両は、歩道には駐車・停車のいずれも行うことはできません。
また、幅75cm以下の路側帯にも、駐車・停車のいずれも行うことはできません。

幅75cmを超える路側帯に駐車や停車を行う場合には、75cm以上の余地を残さなければなりません。

なお、駐停車禁止路側帯や歩行者専用路側帯には、いうまでもなく、駐車・停車のいずれも行うことはできません。

泥はね運転の禁止

車両は、歩行者に泥や水たまりの水などをはねかけてはなりません。

安全運転義務

車両は、歩行者に危害を及ぼすような運転を行ってはなりません。