歩行者の交通ルール

信号機の種類

車道*1を横断する歩行者が従うべき信号機としては、歩行者専用信号機と、(いわゆる)車両用信号機とがあります。

車道*1:歩道も路側帯もない道路では、道路のことをいいます。

歩行者用信号機 (いわゆる)車両用信号機

横断しようとする場所が、信号機による交通整理が行なわれている場合、横断方向に対面する信号機に従うこととなります。
横断方向に、車両用信号機のみ設置されている場合には、車両用信号機に従う*2こととなります。

車両用信号機に従う*2:横断方向に車両用信号機のみが設置されている場合、交差する車道の車両に向けた信号機が設置されていない場合があります。このような場合には、信号機による交通整理が行なわれていないこととなりますので、その信号機は、横断する歩行者には効力がない(従うべき信号機がない)こととなります。