歩行者の交通ルール

歩行者が従うべき信号機

歩行者は、横断しようとする場所が信号機による交通整理が行なわれている場合、横断方向に対面する次のいずれかの信号機に従うこととなります。

歩行者用信号機 (いわゆる)車両用信号機

歩行者が従うべき信号機は、具体的には下記のとおりとなります。

歩行者用信号機が設置されている場合

横断方向に対面して、歩行者用信号機が設置されている場合には、その歩行者用信号機に従います。

歩行者用信号機と車両用信号機の両方が設置されている場合にも、歩行者用信号機に従います。


歩行者用信号機に従う

車両用信号機しか設置されていない場合

横断方向に対面して、車両用信号機しか設置されていない場合には、その車両用信号機に従います。


車両用信号機に従う

横断(交差)する車道側に信号機がない場合

交差点付近を横断しようとするときに、横断方向に歩行者用信号機がなく、かつ横断(交差)しようとする車道*1側にも信号機が設置されていない場合があります。
このような場合には、横断しようとする場所は信号機による交通整理が行なわれていないこととなりますので、従うべき信号機は存在しないこととなります。
そのため、このような場合、歩行者は基本的にいつでも横断して良い*2こととなります。


信号機による交通整理が行なわれていないため、いつでも横断して良い。

車道*1:歩道も路側帯もない道路では、道路のことをいいます。

いつでも横断して良い*2:歩行者の横断が禁止されている場所や状況を除きます。